ダイエットの成功とは?入院して減量成功!その方法とは?

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]


スポンサーリンク


 

さてさて、今まで約25年間、
ダイエットと共に生きてきたわけですが、
痩せては太りリバウンドし、
また、ダイエットをはじめ、
で、痩せたらまた太るの繰り返し…

サプリメントを飲めば簡単に痩せれるだとか、
これを実行すれば、痩せれるとか、
巷では、いろんな広告で誘惑されてしまいますね。

そのダイエットをしたいと一大決心をした暁には、
広告を見ると、すぐに手にしたくなります。

体質にもよるとは思いますが、
結局のところ共通していえることは…

 

1. 結局のところ一番、効果のあるダイエットって?
2. その方法とは?
3. まとめ

 

 

結局のところ一番、効果のあるダイエットって?

結論からいえば

” 食事と運動 ”

これに尽きると思います。

なんだ!ありきたり!と思いましたか?

地味ですよね。
そんなこと、知ってるよ!と声が飛び交いそうですが、
実際、この基本を守らずにして
ありとあらゆるダイエットに挑戦している人が
多いような気がします。

ですが事実、今まで、18歳からエステに行き、
数々のダイエットをしてきましたが、

その中で一番、効果があったものは、
この方法でした。

当時、30代前半でしたので、
年齢も関係はしていたんでしょうが

間違っても、いろんなダイエット商品が出ていますが、
サプリメントの飲むだけでとか
そうそう簡単にはダイエットは成功しないといえます。

サプリメントに関して、
まったく否定をしているわけではなく、
あくまでもダイエットの補助として考えるのが賢明です。

基本は ” 食事と運動 ”
えそのうで、プラス補うものとして
サプリメントを併用するのが一番です。

信じられないかもしれませんが、
数多くのダイエットをしてきた中で一番!です。

 

その方法とは?

この方法は、私が入院していたときの方法となります。

当時、80キロだいだったんですが、
なんとか体重を落としたいと思い、
病院にかかったところ、入院の方法もありますが…と
言われ、即入院を決意!

かかったところは、
糖尿病を中心として治療を行う病棟です。

代謝内分泌科

となります。

もちろん、病院になるので
保険がききます。
目的としては成人病を防ぐための指導。

たんにダイエット目的ではなく、
病気にかからないための予防として、
未然に防ぐことと、病気に対して意識することが目的です。

治療内容は、食事療法と運動!

驚くと思うかもしれませんが、
一日の摂取量、550キロカロリーです。

一食ではなく、1日550キロカロリーです。

もちろん、入院しているので
医師のもとでの減量になるので、
こういう無謀なことも出来るわけですが…。

入院して急に体重を落とす場合は、
空腹などに耐えられないことなどもあり、
徐々に摂取カロリーを落としていくことになります。


入院期間は、3週間です。

・入院して、一日目は、1600キロかロリー
・二日目は、1200キロカロリー
・三日目は1000キロカロリー
・四日目から、550キロカロリー

・退院二日前は1000キロカロリー
・退院前日は、1200キロカロリー

こういう流れになります。
この間には、特に何もしなくてもいいんですが
希望者の人はウォーキングもできます。

病院の近くをウォーキングする!
私は、朝と夕方に一時間、ウォーキングしていました。

6a6d7adeda5ec065752ece8e7f3e9661_s

 

やはり、入院前は暴飲暴食だったので、
食事になれずに、お腹が空いて空いてという状態です。

ですが不思議なことに、
一日、550キロカロリーでも慣れてくるんですね。

この時は、炭水化物のご飯は外しません。
量としては、毎食、50グラムです。

後は肉もあれば、魚もある。
野菜や、お吸い物、味噌汁もついてきます。

不思議とストレスがないんです。

気になる体重は、
3週間後の退院後は、概ね5キロから8キロ落ちます。

もちろん、個人差はありますが、
全く変化はないというわけではなく、
必ず、数キロは落ちます。

それは、そうですよね!
摂取量を抑えるわけですから…。

私の場合、一度、退院した後に3か月間を置き、
そして、体重がキープできているのであれば
更に、3週間入院という感じでした。

せっかく減量をして、もとの普通の生活に戻った時に、
暴飲暴食で、減量の意識が低下すれば、
入院の意味がないですからね。

で、問題なのは、元の生活に戻って、
お腹がすかないのかという疑問が出るとおもいますが、
空かないです!

大変なのは、一日1200キロカロリーの
食事を作るということだけです。

最近では、食事が作られた状態で送られてくる
便利なサービスもありますね。

タイヘイ

わんまいる

食事メニューに困ったり、
作るのが億劫な人にとって、いいサービスですね!

 

あと、油断は禁物!

あれだけスナック菓子が好きだったので、
一度、手にすると、瞬く間に…
依存性が高い人は、ホントにこれが一番、危険です。

ここさえ、乗り切れば、
多少、食べ過ぎても体重が一気に増えるということは
ないので問題ありません!

 

まとめ

生活環境によって入院も難しい人も多いと思います。

小さい子供がいたり、
勤めに出ていたりと。

入院出来る人は限られてくると思いますが、
入院をしなくてもダイエットはできます。

9cab8713cfc224552659e592adb3d77d_s

退院するときに、
管理栄養士の人との面談があるわけですが
退院後の生活についてアドバイスをしてくれます。

まず、食事!
一日550キロカロリーに設定をしなくても、
男性であれば、一日1800キロカロリー
女性であれば、一日1200キロカロリーを
目標にして生活すること。

これを目標として生活すること。

後は、可能があれば運動をすること。
一日、一時間でもいいので
ウォーキングをすることです。

この方法を守れば今までの食生活が、
がらりと変わると思うので
体重にも変化ができてます。

今の自分にもいえることですが、
3食の食事以外に間食をしれているのであれば、
まずは、ここをカットするところから
始めてみると必ず変化はできてきます!

スポンサーリンク


Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]



2016年9月9日 ダイエットの成功とは?入院して減量成功!その方法とは? はコメントを受け付けていません。 ダイエット