水中ウォーキングの効果と下半身を引き締める歩き方!

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]


スポンサーリンク


最近は、体重が気になるどころが
体にもいろいろ変化が出てきました。

普段の生活でなかなか階段を使うことがないのですが、
久しぶりに階段を使ったら

「ん?なんか違和感…?」

そう…膝が痛かったんです。

とうとう膝に負担が来たのか…と、
がっかりしましたが、ホント、体は悲鳴をあげています。

そこで、体力をつけるために運動を始めようとも
思いましたが、今、陸の上を歩くと
なおさら、膝に負担がかかると思い、
ある程度、体重が落ちるまでは水中ウォーキングをしよう!と。

水中ウォーキングは、いろいろメリットがあるんですよ。
その効果をま、まとめてみました。

 

1. 水中ウォーキングとは?
2. ダイエットの効果も大いに期待できる!
3. 水中ウォーキング、いろんな歩き方

 

 

水中ウォーキングとは?

水中ウォーキングとは、文字のごとく
水中で歩くことなんですが、
誰でも一度は経験されていると思いますが
水の中に入ると浮力があるので、あおむけになると
どんなに体が大きくても浮きますよね。

そうです。
この浮力があるので、実際、陸の上より体が軽くて足腰にかかる
負担が全然、違ってくるのです。

例えば…

体重、60キロの人には、
その分、60キロ分の重さが足にはかかっているんです。

この負担って、腰が痛い!足が痛い!と感じたときに
自分自身がよく分かっているとは思います。

これが、水中の中になると…

膝までのプールであれば体重は、30%もカット
腰までであれば、50%カット
胸までならば、70%もカットできるんです。

凄いですよね。

体への負担も少なくて、
運動が苦手な人でも気軽にできるのが
水中ウォーキングです。

 

ダイエットの効果も大いに期待できる!

 

水の中では水圧で抵抗があるので、
陸の上を歩くよりも負荷がかかるため、
より多くのカロリーを消費することでできるので
ダイエットに向いています。

水中の温度は体温よりも低くなっているため、
体の中では体温が低下しないように熱を上げようとするために、
水の中では運動をしなくても多くのカロリーを
消費しているわけです。

日常生活であまり使わない、
下半身の筋肉をつかって引き締めることができます。

陸の上より水の中の方が体に負担が行かないことは
理解できたと思いますが、

ただ、やみくもに水中で泳げばいいということではありません。
水中ウォーキングで大事なことは、

姿勢

です。

悪い姿勢で歩いても運動効果を得ることが出来なかったり、
むやみにしてしまうと今度は水の圧力によって、
逆に腰を痛めてしまうというケースもあるということです。

プールなどで水中ウォーキングを
始めようと思っている方は、まず正しい歩き方などを
把握したうえで始めた方がいいと思います。

私も、1か月くらい前からスポーツジムに行き始めたんですが、
プールのところには指導してくれる人もいます。

そういった人がいるのであれば
効率的にできる方法をレクチャーしてもらうのもいいですね。

後は、スポーツジムに登録すると、
だいたい、スタジオとプールの中に会費の中に含まれているので、
いろんなレッスンを受けることも出来ます。

e1a7aaffb569bffea3b769003cf4f1e8_s

 

プールであれば、

アクアウォーキング
水の抵抗を利用して、さまざまな種類の水中ウォーキングを行うことで、
運動機能改善やシェイプアップを目的としたもの。

アクアシェイプ
水の抵抗を利用して全身シェイプアップを目的としたもの。

アクアダンベル
ダンベルエクササイズの水中版で、
ダンベルを使って全身を動かして、
更にシェイプアップしたい人にお勧め。

スプラッシュアクア
水中で、パンチやキックなどの格闘技の動きを楽しむもの。
ストレス解消や、シェイプアップにピッタリ!

 

水中ウォーキング、下半身を引き締める歩き方

まず、下半身を引き締めたいと思う方は

★ つま先ウォーキング

重心を安定させながら、つま先で歩く
背筋をまっすぐに保つようにすることが大事です。

この歩き方で主に引き締めるのは、
ふくらはぎ!

足のだるやや、むくみの予防にもなります。

★ 膝を90度にあげて歩く

まず、膝を
90度にあげて、かかとから着地します。

これは、ももの付け根の大腰筋
転倒や、つまずきの原因を解消することができます。
意識して、ももを引き上げるようにしましょう。

★ 後ろタッチウォーキング

ヒップアップに効果的です。

使うのは、お尻とももの裏側の筋肉
衰えやすいところなので、しっかりと鍛えることが大事です。

膝を曲げ足を後ろに振り上げてあから
同じ側の手で、かかとをタッチする方法

ポイントは、ももの付け根を伸ばして、
しっかりと後ろに引き上げること

★ 片足屈伸ウォーキング

もも、お尻、ふくらはぎの効果

膝が90度になるように持ち上げて、
軸足を曲げて腰を落とす

膝を伸ばし、かかとから着地しましょう。
スクワットの要素をプラスした歩き方になります。

膝を深く曲げるほどいいですが
無理をするのは良くないので調節しながらしましょう。

下半身には大きな筋肉が集中しています。
下半身を鍛えることで、スッキリボディを目指すことができます。

まとめ

下半身が、なかなか引き締めできなくて悩んでいるひとは
多いようですね。

膝や腰の痛みがない人でも、
陸の上を歩くよりもカロリーは消費するので、
是非、行ける人はプールをおすすめです。

また、月会員とかになると日割りで計算すると、
200円から300円でいけます。

帰りにシャワーも浴びて経済的にもいい!と思って
通い始めました。

費用対効果を考えるのであれば、
私は、元をとるという精神が大きいので、
休館日以外は、行くように心掛けてはいますが、

毎日、行けないという人は週に2回程度でも
体の何かしらの変化は感じることが出来ると思います。

スポンサーリンク


Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]