痩せたいけど食べたい!食べてもなかったことにしてくれる!

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]


スポンサーリンク


痩せると信じてやっていることが
実は間違っているかもしれないという
「名医のTHE太鼓判」という特集番組があっていました。

結構、皆さんいろんなダイエットをしているんだな~と
思って観ていましたが実際のところ
名医の方に審判を下してもらうと意外なことに…

あなたの見解、間違っているかもしれませんよ!
チェックしてみましょう!

 

1. 炭水化物を抜くこと
2. 1日2食にすること
3. 野菜から食べる、食べ順ダイエット
4. 炭水化物を食べても太りづらい方法
5. ついつい食べ過ぎてしまっても食べ過ぎをなかったことにしてくれる方法
6. まとめ

 

 

炭水化物を抜くこと

炭水化物を抜くと確実に痩せる事ができるが、
リバウンドしやすいのがデメリット。

急に痩せると体が省エネモードになるので
その後に、ちょっと食べただけで太りやすくなります。

また、炭水化物を制限することによって、
脳に悪影響を与えてしまうという結果も出ているのだとか…

イライラしたり集中力がなくなってしまうので
提案としては完全にゼロにするのではなく
緩やかに低糖質にしていくというのが理想のようです。

また、ある医師の先生は、
炭水化物を抜くとエネルギーがないので
筋肉を分解してエネルギーを使おうとするので、
オススメしない…。

fcac1fd3b6732dbabafdd8def565c05f_s

 

痩せるためにはという目的で行くのであれば
炭水化物を抜くというデメリットを考えるよりも
太っているというデメリットを考えて
効果的な炭水化物ダイエットはお勧めしているという医師もいらっしゃいました。

少し小太りの人は長生きができるという説があるとのことで、
子の場合、血圧・血糖値。中性脂肪などが
正常であれば問題ないとの見解もあるようですね。

この小太りの基準としては
体重÷(身長m×身長m)=BMI肥満指数

と言われていますが

18.5~25 標準
25~29 太りすぎ
30を過ぎたら、超肥満

自分も完全に超肥満の部分に入るので
完全にアウトなんですが、
一番、理想は標準のところに位置していると
気持ち的にも安心できますよね。

 

1日2食にすること

1日3食は理想的
理由としては、2食だとドカ食いをしてしまう恐れがある。

2食になると、お腹が空いている時間が長くなるので、
次に食べる食事が、吸収されやすい。
特に朝食を抜いてしまうとよくない。

朝食を週2回以下の人は、
毎日食べている人と比べて脳出血のリスクが36%も高くなるのだとか!

リスクが少しでも高くならないように
少しでも朝食を食べるように心掛けるだけで
数値が下がるので全然、食べずに抜いているのであれば
今一度、見直す方がいいかもしれません。

 

野菜から食べる、食べ順ダイエット

食べる順番を変えることでダイエットに繋がるのかという疑問!

血糖値の上昇をゆっくりするために
野菜から食べるというのは流行っているが、
肉から食べた方がいいとのこと。

野菜の中は糖質が含まれている野菜もおおい。
カボチャや、豆など…

肉には糖質は全然、入っていないので
肉から食べるのがオススメ!

お肉を食べると、インクレチンというホルモンが出て、
腸の動きを緩やかにして
腸の吸収を緩やかにしてくれるというメリットも!

 

炭水化物を食べても太りづらい方法

その方法とは、炭水化物をさますと
レジスタントスターチというものができます。

これは非常に消化されにくいでんぷんという意味。

そのレジスタントスターチの驚くべき効果とは…?

炭水化物を食べると血糖値が急上昇をするが、
血糖値を下げるために、膵臓からインスリンが分泌され
糖を脂肪に変えていいきます。
そのため、脂肪が溜まりやすくなります。

だけれど、レジスタントスターチの場合は
血糖値の上昇を緩やかに脂肪を抑えることが出来るのです。

また、食物繊維と同じような働きをするので、
腸の活動を活発にして便秘解消にもなり効果的!

日常生活でも朝に作ったおにぎりを昼食に食べること。
そばを食べるのであれば冷めたそばを食べる、
ラーメンを食べるのであれば、つけめん、
うどんを食べるのであれば、冷めたうどん…
などの工夫をすることで
レジスタントスターチをより効果的に摂取できます。

fd5685ee28e41d3083f94c2c0dff6bad_s

ここで注意をしたいことは、
レジスタントスターチは電子レンジでチンすると
効果が消えてしまうということ!

これをしたら簡単に痩せるというわけではなく、
いつもの普段の生活の中で、こうすることでダイエットには
より効果的というだけのことなので気を付けましょう!

ついつい食べ過ぎてしまっても食べ過ぎをなかったことにしてくれる方法

食べたものが体脂肪に変わるまでには
一日以上かかるといわれています。

なので、2日くらいで調整をすると
脂肪になるまえに使い切ることができます。

つまり…

食べ過ぎでオーバーしたカロリーは
その後の2日間で精算できる!

コツは調整するのは量だけではなく、
栄養のバランスも考えることが大事です。

今からの季節、食欲の秋で何かと美味しいものばかり…
年末にかけてクリスマス、忘年会に新年会…
立て続けに食べる機会も増えてくるわけですが
食べ過ぎた後は少しでも調節できるように心掛けることで、
今の体重をキープすることはできそうですね。

まとめ

テレビや雑誌を見てみると
いろんなダイエットがあって、痩せるのであれば…
効果があるのであれば…と、
すぐに安易に手を出してしまいそうですが、
一呼吸おいて、じっくり見極めることも大切な気がします。

現に簡単に落ちたとしても
その後、すぐに戻ってしまうリバウンドの結果になってしまったり
いろいろメリットだけではなくデメリットもあるということを
踏まえたうえで始めると、その後のケアも自分でできそうですね。

スポンサーリンク


Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]